オフラインティーチングシステム
特盛りくん

Ⅰ. 特徴

特徴

特盛りくんの大きな特徴は、以下の5つになります。

     特盛りくんの5大特徴



  1. パスの生成、レーザープログラムの組み込み、動作シミュレーション、ロボットプログラムへの変換といった一連の流れを一気通貫作業

  2. オンラインでも使用することができ、キャリブレーション、作業状況の監視、施工状態の計測、状況に応じたパスの修正が可能

  3. 施工面に対するトーチの角度はもちろん、折り返し条件、退避条件に関する多彩な軌跡の
    オプションあり

  4. CAMソフトでは実現し難いレーザーコマンドをロボットJOBに自動で挿入

  5. 教示にかかる時間の削減による生産性の向上、溶接品質が安定性も向上

Ⅱ. 概要

機能概要(説明)

特盛りくんには、以下の8つの機能があります。

 1. 3Dモデル読込
 2. 溶接面指定
 3. 溶接方向、姿勢指定
 4. 溶接積層オプション指定
 5. ビード形状入力
 6. 積層パス算出、シミュレーション
 7. 干渉チェック
 8. 実機転送、作業状況の監視と計測

機能概要(参照図)

機能概要1)~8)の参照図と説明になります。

 1) 3Dモデル読み込み

- 金型等の実環境の3DCADデータを読み込み可能です。(STEPなどの中間ファイルフォーマットが読み込み可能)
- ロボットに対する相対位置はツール内で変更可能です。



 2) 溶接面指定

- 溶接したい面を画面上から視覚的に選択できます。(複数選択可能)



 3) 溶接方向、姿勢指定

- 画面上の点(Vertex)を指定し、方向を確定させます。
- 溶接姿勢も細かく指定可能です。



 4) 溶接積層オプション指定             

- 下記の詳細な設定ができます。
溶接軌跡、層の計算方法、溶接順序、
エッジ残し計算、etc…

左:直線状溶接 右:教示線溶接 (溶接軌跡)

左:低い箇所から順に高さを保って溶接する 右:表面に追従しながら溶接する (層の計算方法)




 5) ビード形状入力

- 積層するビード形状の幅、高さ、重ね幅等を設定できます。          



 6) 積層パス算出、シミュレーション

- 積層パスに必要な項目を選択するだけで、自動で予想ビード形状を算出できます。
- 作成した積層パスをもとに、3D空間上でシミュレーションすることができます。

積層パス算出、シミュレーションの動画




 7) 干渉チェック

- 対象ワーク金型とロボット、ビードなどの干渉チェックを行えます。



 8) 実機転送、作業状況の監視と計測

- 溶接積層用のロボットJOBをロボットコントロー
ラー側に転送できます。
- センサー、目視による計測ジョブにて溶接結果を確認する事ができます。
計測後、計測結果に応じたパスの修正が行えます。

撮影姿勢


撮影姿勢(別角度)


Ⅲ. 動作環境

OS Windows10(64bit構成のみ)
CPU Intel Core i7-9750H 2.6GHz(6 コア) 相当以上
メモリ

32GB以上

ハードディスク容量 1GB以上
グラフィックボート NVIDIA Quadro T2000 相当以上

FAQ

よくある質問一覧は こちらから

商標、開発元について

・「特盛りくん®」は南海モルディ株式会社 の登録商標です。
・「特盛りくん®」の開発元は南海モルディ株式会社 です。